ジャンプスキップのやり方!サーキットトレーニングで体幹を鍛えよう

サーキットトレーニングで、走り幅跳びの動きづくりやパワーポジションを確認するうえで行うといいのがジャンプスキップ。

 

最も力を発揮できる体勢のパワーポジションをスキップの中で体現していくのがポイントでです。

 

具体的なパワーポジションの体勢というのは、横から見た時に、頭、膝、足首までが一直線になるのが理想です。

 

 

そんなジャンプスキップのやり方は、体の真下で地面をとらえ、逆の膝を上げた時に支持脚でパワーポジションをとるようにします。

 

ただ、上げた脚のつま先が下を向かないように注意してください。足をリラックスさせた状態で前に運びましょう。

 

また、ジャンプスキップの別バージョンとして、スキップの動きで上げた脚を前に振りだしてからもとに戻して着地させるというスキップトレーニングもあります。

 

 

振り出したことで重心が前に移動する感覚を養うことができます。

 

いずれのスキップも、姿勢が前かがみになったり、目線が下がらないように気を付け、上体を真っすぐにさせたまま接地することを意識して行うよう心掛けてください。

 

このようなサーキットトレーニングを繰り返すことで走り幅跳び動きも染みついてきます。

 

 

ちなみに、走り幅跳びの選手だけでなく、陸上競技で高いパフォーマンスを発揮するには、お腹周りの身体の中心部に力を入れて体幹を締め、そこからムチのごとくしなやかにパワーを手や足に伝えていくことが大切です。

 

接地の時に体幹の軸がブレないことで、大きなパワーが生まれ、地面からの反発力をもらい遠くに跳ぶことができます。

 

サーキットトレーニングは、地味なものが多いですが、毎日の積み重ねで徐々に体幹も鍛えられ跳ぶ動作に生きてくるんだ。そう気づかされます。

 

DVD1の収録内容へ